【レフティゴルファー】の苦悩

趣味のゴルフに関するブログ

【レッスン】その②

昨日もレッスンに行って来ました。

昨日は息子が塾だったので、私もゴルフの塾・・・
基本的にレッスンは息子の塾のある日(月・水)に
息子を学校へ迎えに行き、塾に送り、私はゴルフ塾へ
行ってます。

水曜日はいつものK先生ではなくT先生で、私は基本
K先生に習い、K先生に教えていただいたことを細かく
説明してくださるK先生の弟子のT先生に再度確認の意味
で習うことにしております。
両先生共に基本的なゴルフスイングに関する考え方は同じ
なので非常に助かります。

私の印象として・・・

K先生=天才肌
T先生=努力の人


という感じです。
※両先生、勝手な私の想像で申し訳ありません・・・


【話を戻しまして】

いざ、練習場へ到着!・・・お気に入りのシューズ
※実は昨日を替えました、ってすぐ減るんですね。
GELACE PRO 2 シューズ TGN902】
を履き、いつもアプローチで使っている 58°

フォーティーン MT-28 J.SPEC IV ウェッジ
※以前やさしく打てると聞いて買いました。
をこれまた先日ついに【100切り】の自分への
ご褒美に買ってしまった
パーリーゲイツ マスターバニーエディション
※少人数しかもってないであろうキャディーバックにしました。
のキャディーバックから抜き、いざ練習開始!


10y・20y・・30y・・・良い感じ(笑)
距離、打感共に良いけど方向が定まらない
気を取りなおして
10y・20y・・30y・・・ついに病気が
そうです、またしてもいつものシャンクが(涙)


私『せ、先生どうしたら良いのですか?』
先『ボールを掬ってますよ、叩いてください。』
・・・
私『やっぱりうまくいきません。』


私のシャンクを見かねて対面で練習していたレッスン生の
Mさん(ハンディー3のすごい人です・・・尊敬してます。)が
Mさん『10y~20yはコックは使わなくても良いが、手だけ
    でいくと芝に負ける。体を使って振り幅で距離を決める
    その時の体重は右足よりでやってみて』


私『コツン・コツン・・コツン・・・う、うまくいきました。
  ありがとうございます。』


しかしまたシャンクが・・・もう帰りたい(涙)


またまたMさんからアドバイス、これは両先生も気づかなかった
らしく、私のアドレスしたときの腕の向きの問題でした。
【説明】

通常私はアドレスするとき腕の向きは気にしていませんでした。
だから自然と自分の楽な方向へ腕(肘の裏側)を向けていました。
私の腕の楽な方向は左腕の内側が目標方向より少し左斜め前側に
右腕の内側が真後ろより少し右斜め後ろ側
になっていました。
両腕の内側の腺がクロスする感じですね。
そこを今度は腕(肘の裏側)を両腕とも自分の真正面を向く方向へ
向けてアプローチをすると、スムーズにアプローチができるように
なりました。特に30y~のアプローチではバックスイング時に左肘が
のたたみ方がスムーズ
になり、完全ではありませんが左脇も閉まるよ
うになりました。


T先生おっしゃるには、野球をやってた方はこうなる方が多いそうです。
アプローチで悩んでる方は参考になるかも・・・


※ちなみに私はレフティーです(笑)
 レフティーの方、ゴルフ雑誌は右利き用に説明してあるので頭が混乱
 しませんか???


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。